脂っこい食べ物

テイクアウト食品、揚げ物、惣菜、赤身の肉や加工肉など、飽和脂肪酸が豊富に含まれる食品を摂取すると、消化器官に大きな負担がかかります。これらの食品は消化するのに多くのエネルギーを要し、脳に私たちがまだ昼間に活動しているという信号を送ることで、睡眠パターンが乱れがちになります。

また、睡眠に関する研究では、夕食時に高脂肪食を摂取すると、夜中に目覚めやすくなり、急速眼球運動(レム睡眠)という夢を見る睡眠段階が短くなることが示されています。高脂肪食は睡眠中の呼吸にも影響を及ぼし、胃酸逆流が原因で睡眠障害を引き起こす可能性があります。

Advertisement