夕食時に避けるべき10の食べ物

以前にも述べたように、一日の中で最も重要な食事は8時間以上の断食を解消する朝食ですが、夜の食事もまた健康に影響を与え、間違った食べ物や飲み物を夕食や夜食に取ると睡眠の質や長さが損なわれ、翌日の疲労や生産性の低下、情報処理能力や意思決定能力への影響、人間関係の悪化、生活習慣の乱れ、事故や心臓発作のリスクの増大、さらには夜に摂取する食べ物によっては太る可能性もあるため、この記事では就寝前に避けるべき食品と楽しむべき食品を紹介します。

炭酸飲料

ソーダやコーラなどの炭酸飲料には糖分が豊富に含まれており、一日の活動を終えて就寝する前にこれらを摂取すると、体重増加に繋がることがあります。特に、コーラは眠りを妨げる飲み物として知られており、寝る前の摂取は適していません。

実際の研究では、夜間の睡眠時間が5時間未満の人々は、推奨される7~8時間を睡眠する人々に比べて、糖分やカフェインを多く含む飲料を摂取する傾向にあることが明らかになっています。炭酸飲料は睡眠に悪影響を及ぼすだけでなく、2型糖尿病や心臓病のリスクを高める可能性があります。

Advertisement